設備管理業務

設備管理業務は、建物内にある数多くの設備機器の運転・監視法定点検、整備・保全および記録の分析、保存、管轄行政庁への報告を有資格者がおこなう業務です。

消防設備管理(法定) 警報設備、消火設備の年2回(機器点検・総合点検)の法定点検。及び年1回の消防署への法定報告。
防火施設管理(法定) 消防計画に基づく避難訓練等の実践および防火対象物の法定点検。3年間は毎年1回、以降は3年に1回の法定点検。消防署へ法定報告。
浄化槽管理(法定) 浄化槽の型式に基づき定期的に点検管理。清掃時期を管理し、汲み取り業者への連絡と立合。(汲取料は別途)
電気保安(法定) 受変電設備、屋内配線設備、非常用発電設備。日次点検・月次点検・年次点検・3年点検が定められています。
昇降機管理(法定) エレベーター、エスカレーターの定期点検・法定点検。
電気工事 屋内配線工事、照明設備工事
通信設備管理 電話設備、蓄電池設備、館内放送設備の維持管理。
防錆剤注入装置管理 点検及び補修。月1回の点検・管理